LGBT

LGBT ー OWN COLOR

rainbow color spot ・ LGBTイベントはこちらから →

Lesbian
Gay
Bisexual
Transgender

みんなユニーク! 

LGBT は単なるアルファベット

あなたのアルファベットはなに!?

LGBTに対する捉え方が日本と世界では大きく異なる?

まだまだLGBTに対して理解が低い日本

 

LGBTに触れる機会が、教育機関やメディアを通して増えてきているが、法的にはまだ同性婚を認めていないことなどから 同性パートナーに対する理解がまだまだ かたち になっていない日本

 世界を覗いてみよう!!

 

レインボーカラースポット 

in MEXICO

Playa del Carmen 5th avenue

プラヤデル カルメンはカンクンのダウンタウンから1時間程で行ける、カリブ海の側のユニークな街です。カラフルなフラッグが印象的です。5th avenue【五番街】では、家族あるいは友達へのお土産に適したメキシコ雑貨がここで手に入ります。

Islam Mujeres

カラフルな建物が立ち並ぶイスラムヘーレスはカンクンのホテルゾーンから20分程でいける、カリブ海に浮かぶ島です。街のミニバーもレインボーカラーでフォトジェニックな写真な写真が撮れること間違いなし。

 

 

・オルキディアさんにときめいた瞬間は?

アルマさん:特別な瞬間はなかったんじゃないかな。私が感じた ‘’彼女の全ての美しさ‘’ 素晴らしい性格、内面の美しさ、思いやり、全てと相性がよかったと思う。オルキ(オルキディアさん)に会うたび、彼女と恋に落ちていったの。そして、彼女と共に時間を過ごしていくごとに彼女が一緒に歳を取っていく人なんだ、と確信したわ。

 

 

 

・アルマさんの魅力は?

オルキディアさん:彼女はいつも笑わせてくれるんだよ!よく読書をしているところも尊敬している。そして、彼女の勇気にはいつも感心するよ。とても勤勉で彼女の娘への愛情深さはとても美しいわ。

アルマさん

女性と一緒に暮らしたり、女性を好きになったり、ということは想像もしていなかったなぁ。ある日、なぜかオフィスで出会った女性と恋に落ち、25年間続いていた男性との結婚生活にピリオドを打つことにした。しかし、社会的重圧、世間体、家族からの反対にも負け、彼女との関係を終わらせる結果になった。その後のこと、また男性との人生を作り直そうと努力してみたんだけど、もう想いは女性へと向いていたの。オルキと一生を共にする、と決心した瞬間。私が39歳の時だった。

オルキディアさん

自分がバイオセクシュアルだということを幼い頃から感じていた。23歳の時、男性と結婚したんだけど、性格不一致で破局。それから、私は女性と関係を築きたいと思うようになっていったの。

・カミングアウトできずにいる日本の方に

オルキディアさん:世の中、まだまだ受け入れてくれないことが現実。でも、メキシコ、日本、世界のどこにいても、世間体に耐えられる精神力が必要。「強くいなきゃ!」と日本のみんなにエールを送るわ。

 

・思い描く2人の将来は?

アルマさん:オルキと一緒に歳を取り、強い愛のある家庭を築いていくことね。

 

・日本にいるカップルに 関係を保つための秘訣は?

アルマさん & オルキディアさん:

あなたのパートナーを誇りに思うこと。そして ‘’Loyalty‘’ お互いに忠実であり続けること。あとは笑顔ね!

 

What is ‘’Love‘’ 

 

アルマさん

Love: 相手があなたを愛するようにあなたも相手を愛し、相手の過ちを許し、エゴではなく心から話をする。

謙虚になり、喧嘩をして相手がどんなに怒っていても愛することよ

 

オルキディアさん

Love: 人生一度きり後悔なく生きること

 

 

 

# rainbow couple
 
# love